Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐らく私が1番好きなゲーム、ゼルダシリーズ。そのゼルダシリーズ初のDSタイトルです。



作品紹介&あらすじ:ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 任天堂
女海賊のテトラやその手下とともに航海を続けるリンク。
ある日、幽霊船に遭遇し、テトラを連れ去られてしまう。
助けに向かうリンクだったが、彼も海に落ちて気を失ってしまう。
流れ着いた島で目を覚ましたリンクは、そこで出会ったラインバックという船長とともに、幽霊船を追う旅に出る。



風のタクトの続編らしいんですが、プレイしていません。
が、ストーリーなども全然問題ありませんでした。というか初ゼルダでも大丈夫です。

操作
今作はすべての操作をタッチペンで行うということで、いままでにないゼルダに仕上がっています。
最初はどうしてもリンクが真っ直ぐ走らなかったり、攻撃を空振りしてしまったりと悪戦苦闘しましたが、それもすぐに慣れました。
ただ、アイテムは使い辛かったかな。アイテム変更時は時間を止めるとか、配慮が欲しかったです。私はアイテム切り替えてるときに攻撃されまくってましたw

雰囲気
全体的に漂う「任天堂臭」が好きw
セリフやキャラの動きにユーモアがあって面白かった。
特定の層にしか受けない面白さではなく、大人から子供までクスリときてしまうような面白さ。MOTHERシリーズやマリオシリーズなどにも共通する、任天堂特有の面白さではないでしょうか。
割と子供向けにみえるかも知れませんが、低年齢向けというよりは全年齢向けかと。ハードがDSということもあって間口が広いです。
今作が、ゼルダ人口の増加に一役買っているのはないでしょうか。
今作からゼルダに入った人が神トラやらムジュラやったら泣きそうですがw
あとねこ顔のリンクが可愛過ぎw

欠点
あえて言うなら、というレベルではありますが

・簡単すぎる
これはもう、DSで出す以上、しょうがないっちゃしょうがないんですが、初代をはじめとした過去作とは差があり過ぎて。謎解きもほとんどなくて、迷うことなくエンディングまで一直線。「サクサク」は快適ではありますが、達成感を得られないという諸刃の剣ですからw

・短い
これも人によりますが、「サクサク」なのでクリアまでの体感速度がはやい。隠しダンジョンというか、脇道ダンジョンみたいのを1つ2つ追加してあると大分違ったでしょう。ちょっと物足りなかった。
船のパーツ集めとかのやり込み要素よりも、ダンジョンと謎解きを増やしてくれ。
ゼルダをやる人がそんなにやり込み要素を求めているのかどうか。

全体的にかなりお勧めのゲームです。個人的には92点くらい付けられるかと。DSを持っているならぜひ!
あとねこ顔のリンクが可愛い。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト

アクトレイザーや天地創造のクインテット開発の発明RPG。94年発売の名作。



作品紹介&あらすじ:スラップスティック エニックス
主人公は偉大な発明家である父アキハバラに憧れ、発明家になることを夢見る少年。
そんなある日、父が失踪。背後にはハッカーという悪の集団の影が見え隠れしていた。
主人公は自慢のロボットとともに、ハッカーと戦う。



懐かし~。超マイナーなので知らない人も多いかもしれません。
基本はオーソドックスなRPGなんですが、細かいところが丁寧に作られているのが好印象です。
ストーリーも王道ですが、タイトル通り、コメディタッチで描かれています。スタッフが女性らしく、女性らしい優しさというか、柔らかさがあります。

戦闘
シンボルエンカウント制。
戦闘はリアルタイムで、発明したロボットを使って戦います。
規定時間内に敵を倒すとボーナスがあります。
背中と両手、そして足という部位の装備を変えたり、色やパラメータをプログラムしたりカスタマイズします。

発明
主人公は発明家なので、いろんなものを発明してゲームを進めていきます。ロボットの装備はもちろん、赤外線スコープのような「カメレオングラス」や、動物と話が出来る「だべっこどうぶつ」などユニークなアイテムも。
アイテムの合成もあり、当時では珍しいものだったと思います。

昔はずいぶんハマりました。
難易度的にも大したことはないし、難しい話ではないので、幅広い年代にお勧めです。
古い上にマイナーなので、手に入れるのがちょっと難しいかもしれませんが…。

参考URL
http://www.super-famicom.jp/g_slap.html
http://www.super-famicom.jp/data/su/slap.html

※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。

さっきクリアしました。ディリータ…。

PS版はレビュー済みなので、FFT自体についてはこちらをお読みください。ここでは変更点などを中心に。

遅い
最初に感じた。遅い。
闇の剣などの特殊攻撃や魔法のエフェクトが遅すぎる。エフェクトの途中で音が終わってるw
ISOにしてメモステから起動しても変わりませんでした…。
PS版のFFTをエミュでプレイしても大丈夫だったので、処理落ちってことはないでしょう。加えて、効果音も改悪されてます。
手抜き移植ですね。

ムービー
本編のところどころにムービーが追加されています。
これがまたいい感じなんですよ。
あの「全員同じ顔」がムービーになってるんですw
あの原画?の雰囲気をよくつかんでいるな、と。

追加要素
新ジョブとしてたまねぎ剣士と暗黒騎士を追加…これだけ?
通信はまだやっていませんが、たまねぎ装備などは通信でしか手に入らないようです。どうなんですかね、この仕様は。
ポケモンのように通信を前提としているゲームならまだしも、FFTにこの機能は必要だったのか、甚だ疑問ではあります。
だいたい対象年齢いくつなんだよ、このゲーム。
「通信でしか手に入らないアイテム」じゃなくて「通信だと手に入れやすいアイテム」なら良かったんですが。

とはいえ、ストーリーなどは秀逸なので、未プレイの方には是非、プレイしていただきたいです。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。

任天堂とスクウェア(現スクウェア・エニックス)が組んだ伝説の作品。いままでプレイしたRPGの中で一番好きかも。



作品紹介&あらすじ:スーパーマリオRPG 任天堂
いつものようにピーチ姫がさらわれた!
姫を助けにクッパ城に向かうマリオだったが、クッパとの戦いの最中になにかの衝撃で吹き飛ばされてしまう。
クッパ城に巨大な剣が刺さっていたのだ。
そしてその剣によって「スターロード」が7つに割れ、世界中に散らばってしまい、願いのかなわない世界になってしまう。
時を同じくして、武器の姿をした集団が各地で暴れ始めた。
新たな敵、カジオー軍団とマリオたちの戦いが始まった。



96年発売の傑作ARPG。
マリオの持ち味が存分に発揮されていながら、RPGとしての完成度もかなり高いです。

ストーリー
王道ですが、いつもとはちょっと違います。
いつのもようにピーチ姫がさらわれますが、本当の敵は武器世界の住人、カジオー軍団です。
今作はクッパやピーチ、新キャラのマロやジーノと一緒に冒険できます。
システム
素晴らしいです。
基本的にクォータービューのアクションで、敵シンボルに触れると戦闘です。
戦闘はオーソドックスなコマンド式ですが、攻撃のタイミングにあわせてボタンを押すと、与えるダメージを増やせたり、敵の攻撃をガードできたりなど、アクションの要素をうまく取り入れられています。

キャラクター
文句ないです。元々任天堂のキャラクターですので。

これぞ、ゲームでしょう。
難しいことをあれこれ考えなくても、単純に娯楽として楽しめる。
その究極形かと(もちろん私はストーリーが難解なものも好きですが)。
私がはじめてプレイしたゲームである、スーパーマリオブラザーズから20年以上…。やっぱり任天堂って凄いですね。
いまはリメイク乱発のスクウェアも、このころは輝いていました。
多くの人々に、ぜひプレイしてほしいゲームです。
リメイクの可能性は低いようですが、Wiiのバーチャルコンソールで配信される可能性はあるかと。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。

大好きなバイオハザードシリーズの最新作(本編)。
フルモデルチェンジは賛否両論でした。
PS2、ゲームキューブ、Windowsで発売されています。
この記事はPS2のもの。



作品紹介&あらすじ:バイオハザード4 カプコン
ラクーンシティの惨劇から6年。アンブレラは崩壊し、新米警察官だったレオンは、合衆国のエージェントとなっていた。
今回のレオンの任務は、誘拐された合衆国大統領の娘、アシュリー・グラハムの救出だった。
わずかな情報を頼りに、レオンはヨーロッパの辺境の村に踏み込んだ。



まず、非常に面白かったです。
いままでがマンネリ気味だったと思うので、大幅なモデルチェンジは歓迎でした。

グラフィック
十分でしょう。ゲームキューブ版はもっと綺麗なようですが、私はこれでも満足です。PS2だけのオマケ要素もあるので、プレイするならPS2版がオススメです。

バランス
特に問題ないかと。
とっさにボタンを同時押しして攻撃を避けるのはいいアイデアだと思います。ただ、ボタンの連打は、個人的には嫌いでした。

バイオハザードとして
バイオっぽさはあんまりないですね。ゾンビも出ないし。
このへんに納得いかない人も多かったでしょう。
いままでのバイオとは完全に別物ですから、「バイオハザードの名を外して欲しかった」という意見も。
私は前作までの古き良きバイオハザードも、今作も両方好きですが。
一番いいと思うのは、PS3やら360やらWiiやらで、バイオ4タイプのナンバリングタイトルを発売して、PSPで従来のバイオタイプの外伝的な作品を出すってことです。

話がずれましたが、このゲームはオススメです。
ベスト版も出ているので、一度やってみて損はないと思います。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。