上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ブログ初記事です。最初はつい昨日観終わったMonsterについて書きたいと思います。



作品紹介&あらすじ:Monster 浦沢直樹
日本人の天才脳外科医、ケンゾー・テンマ。
ドイツの大病院に勤務し、院長の娘と恋仲にあるまさに順風満帆の恵まれた人生を送っていた彼だった。

ある日病院に運び込まれた男女の双子。
男の子は頭に銃弾を受け重傷。女の子はショックでうわ言を呟く。
「殺して…殺して…」
テンマによって一命を取り留めた双子だったがその後失踪、行方が分からなくなる。それと同時に病院の院長ら3名が毒殺される。
この時からテンマの人生は狂い始める。

9年後、外科部長となったテンマの前に謎の男が現れる。
男はテンマの患者を殺害し、闇の中に消える。
彼こそ9年前に失踪した双子の兄、ヨハンであった。
ヨハンを止めるために彼を追うテンマ。
ヨハンの目的とは?



いまさらながらアニメ版Monster観ました。
マンガの方が比較的有名なので知ってる人も多いかと思います。
浦沢作品は他に20世紀少年(以下20th)しか読んでませんが、浦沢らしいというか…なんというか後味が微妙ですな。
ラストについては否定的な意見が多いようですが、まぁあんなものでしょう。これについては後ほど。

この作品で特に目につくのが、先伸ばしとやたらな伏線張り。
連載だからある程度仕方ないことなのかも知れませんが、中盤はかなりイライラしました。なんかグダグダになるんですよ。
20thもそうですが、この人の作品は最初はめちゃくちゃ面白いんですよ。20thにしてもMonsterにしても設定や世界観なんかは凄くて、期待できるんですけど、後半までそれを維持できていないようで。途中からだんだん失速していくんです。これについては浦沢氏自身もトップランナーで言っていましたが、ここが彼の弱点なんじゃないかと。

伏線については酷いですね。この人の場合は、盛り上げるために伏線を張っておいて、結局そのまま放置、というのが結構多いです。
回収するつもりはあったのかもしれませんが。連載も長期にわたるので最初の方の設定とか忘れてるようですね(20thでも日付の間違いらしきものがありました)。

ラストについては悪くはなかったと思います。
意図的にやったのなら、余韻を残す感じで無難だと思います。
ネタばれになりますので詳しくは伏せます。

この作品も20thも、雰囲気を楽しむものだと思います。
謎解きもいいですが、「なんかよくわからないけど面白そう」
「なんかよくわからないけどワクワクする」ような感情を煽り立てるのがうまいですね、この人。「なんかよくわからないけど」ってのが重要ですw
氏もそれで誤魔化しているところがありますし。

まだまだわからないことが多いのでもう1回くらいは観てみようと思います。

原作つきのアニメで気になる、原作との差異についてですが、原作は途中までしか読んでませんが、かなり忠実に(というかほぼそのまま)原作を再現しているようです。また、アニメとしての出来は良かったと思
います。声についても一部を除いて無難な印象を受けました。



こんな感じで好き勝手に語って行きたいと思います。
誤字、脱字、嘘、大袈裟、紛らわしいなどあったら指摘していただけると助かります。
マンガやアニメを選ぶ際にほんの少しでも参考になったら、一時の暇つぶしにでもなったら幸いです。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。