上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のゲーム。
史上最凶やり込みシミュレーションRPGです。
まーかなり合う合わないがありそうですね。
PS2版と、それをPSPに移植、追加要素をプラスした「魔界戦記ディスガイア Portable」が発売されました。続編である2もあります。今回はPortableの記事。



作品紹介&あらすじ:魔界戦記ディスガイア Portable 日本一ソフトウェア
魔界の統治者、魔王クリチェフスコイが死去。
魔王の座を奪わんと活動を始めた悪魔たち。魔界は戦乱の時代を迎えることになる。
そして2年後。
長い眠りから目覚めたクリチェフスコイの息子ラハール。
彼は魔王の座に就くために、家来のエトナとともに魔界を行く。



システム
やりこみが今作の目玉。
キャラのレベルは4桁、職業は100以上、各パラメータも1000万以上行くらしいです(私はそこまでやりこんでませんが)。
好きな人はいいでしょうが、私は200時間で飽きました。
議題を提案して、議員たちが多数決で決定する「暗黒議会」というシステムは斬新でした。
全体的に難易度はかなり低いので、力押しでいけます。本格的なSRPGを求めている人には向かないかも知れません。

世界観
魔界の雰囲気はなかなかよく描けていると思いました。
挿入歌の「赤い月」はお気に入りです。

キャラクター
魅力その2。
キャラクターデザインは原田たけひと氏。これも好みが分かれるところです。私は嫌いではありませんが。

ストーリー
コメディですか?
中身はほとんどないと言ってもいいですね。
なんか、プレイしていて恥ずかしくなるようなシーンもありましたし。

総評
以上のように非常に人を選ぶゲームではありますが、ハマればかなり楽しいです。
プレネールさんが仲間にならなかったのは残念でなりませんな。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。