上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SACシリーズの続編。今回は長編です。スカパーのPPV(ペイ・パー・ビュー)で放送されたようです。後にDVDも発売されています。



作品紹介&あらすじ:攻殻機動隊 Stand Alone Complex Solid State Society 士郎正宗(原作) 神山健治(監督)
前作の「個別の11人事件」から2年後の2034年。
少佐が9課を去ったことにより組織の在り方が見直され、新しいメンバーを投入、トグサが新リーダーとなった。

そんな中、シアク共和国の残党によるテロ計画が判明。
9課は捜査を開始するが、テロリストたちは次々と自殺。
「傀儡廻(くぐつまわし)が来る!」そう言い残して…。

単独捜査を行っていたバトーは少佐と再会するも、彼女は「Solid Stateには近づくな」という言葉を残し、再び姿を消す。
捜査が進むにつれ、バトーは少佐が「傀儡廻」なのではないかと疑い始める。



今作は2ndの続編で、少佐失踪後の9課と超ウィザード級ハッカー「傀儡廻」との闘いが描かれています。
少佐の失踪後、9課は組織形態を変え、義体化したトグサが9課の実質的リーダーになっています。

テーマ
いいと思います。高齢化社会という現実社会に通じる問題で。
Solid Stateというシステムもよく考えたなと。

今回はなんというか…ちっと残念ですね。
傀儡廻についてもうちょっと詳しく描いて欲しかったんですが、時間的に無理があったのかな?そんなわけで微妙な出来というか…。
ただ、トグサのシーンは良かったです。彼が輝いていましたよ。

3rdシーズンに期待です。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。