上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーエン兄弟のサスペンス映画?ブラックジョーク?



作品紹介&あらすじ:ファーゴ ジョエル・コーエン
多額の借金を抱える、自動車ディーラーのジェリー・ランディガード。
彼は、自分の妻を偽装誘拐させ、彼女の裕福な父親から身代金をせしめようと計画する。
しかし、妻を誘拐した2人の犯人役は、逃げる途中で警官と、目撃者を殺害してしまう。
ちょっとした出来心から実行された計画は、思わぬ方向に展開していく。



この映画は雰囲気が好きです。
雰囲気を楽しむという点では、浦沢作品と似てるような気がしないでもない。

ストーリー
同じ監督のバーバーっぽいです。
些細なことから予想もつかない結果になってしまう、という。

映像美
雪国の雰囲気がいいんです。映像美とは書きましたが、特段美しいわけではありません。なんというか、リアルなんですよ、描写ひとつひとつが。警官の田舎っぽいところとか。
ジャケットも好きです。パッと見、何が映っているのかわからないけど、よく見ると…って感じで。

まとめ
「悪銭身につかず」ってことなのかな?
バーバーもそうなんですが、この映画を観ると日常が怖くなりますね。
なんか、「普通って狂ってるんだな」「狂ってるって普通なんだな」と思いました。いつおかしくなるかわからない。
普通の人が普通に暮らしていても、普通なことが起きるとは限らない。
イレギュラーはどこにでも転がっている、そんなことを考えました。
傑作と評価する人も多いようですが、私としては佳作かと。
決して悪くはないですが、万人にオススメできる映画ではないでしょう。モノクロな映画ですので。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


{{{    ***STORY***              1996年   アメリカ87年冬。ミネソタ州の自動車ディーラー、ジェリー・ランガード(ウィリアム・H・メイシー)は多額の借金を負い、早急に大金を必要としていた。彼は妻ジーン(クリスティン・ルドリュード)を Cartouche【2007/05/22 19:56】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。