上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなバイオハザードシリーズの最新作(本編)。
フルモデルチェンジは賛否両論でした。
PS2、ゲームキューブ、Windowsで発売されています。
この記事はPS2のもの。



作品紹介&あらすじ:バイオハザード4 カプコン
ラクーンシティの惨劇から6年。アンブレラは崩壊し、新米警察官だったレオンは、合衆国のエージェントとなっていた。
今回のレオンの任務は、誘拐された合衆国大統領の娘、アシュリー・グラハムの救出だった。
わずかな情報を頼りに、レオンはヨーロッパの辺境の村に踏み込んだ。



まず、非常に面白かったです。
いままでがマンネリ気味だったと思うので、大幅なモデルチェンジは歓迎でした。

グラフィック
十分でしょう。ゲームキューブ版はもっと綺麗なようですが、私はこれでも満足です。PS2だけのオマケ要素もあるので、プレイするならPS2版がオススメです。

バランス
特に問題ないかと。
とっさにボタンを同時押しして攻撃を避けるのはいいアイデアだと思います。ただ、ボタンの連打は、個人的には嫌いでした。

バイオハザードとして
バイオっぽさはあんまりないですね。ゾンビも出ないし。
このへんに納得いかない人も多かったでしょう。
いままでのバイオとは完全に別物ですから、「バイオハザードの名を外して欲しかった」という意見も。
私は前作までの古き良きバイオハザードも、今作も両方好きですが。
一番いいと思うのは、PS3やら360やらWiiやらで、バイオ4タイプのナンバリングタイトルを発売して、PSPで従来のバイオタイプの外伝的な作品を出すってことです。

話がずれましたが、このゲームはオススメです。
ベスト版も出ているので、一度やってみて損はないと思います。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


バイオハザード4 2005年1月11日 2005年1月27日 2005年3月18日 Sony PlayStation 2: 2005年10月25日 2005年11月4日 2005年11月11日 2005年12月1日PC: 2007年2月23日 2007年6月7日Wii 2007年5月31日|Price =|Rating = CERO: D 17+ESRB: M(Mature)+OFLC: MA1 みなみのblog【2007/06/02 12:32】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。