上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステルヴィア終了~。最終話は感動した。



作品紹介&あらすじ:宇宙のステルヴィア XEBEC(原作) 佐藤竜雄(監督)
西暦2167年、超新星爆発による衝撃波を受けた地球は、壊滅的な被害を受けた。
なんとか復興を遂げた人類だったが、災厄は過ぎ去ったわけではなかった。この度の衝撃波の第2波「セカンドウェーブ」が189年後に到来することが明らかになったのだ。

そして189年後の、西暦2356年。
宇宙に憧れる主人公、片瀬志麻は、セカンドウェーブから人類を護る壮大な計画「グレートミッション」のために、宇宙に建造されたファウンデーション(宇宙ステーションの一種)のひとつ、「ステルヴィア」内の宇宙学園に入学する。
成績の振るわない片瀬であったが、努力でそれを克服していく。
そして、セカンドウェーブがやってきた。

これは人類の未来のために戦う人間たちの物語である。



感動したね、ステルヴィア。
最終話に向かって、徐々に盛り上がっていくという燃える展開で。
ストーリーの魅せ方が非常にうまいと感じました。

設定
いろんな作品のいいとこどりかな?
でも割と設定はしっかりしていて、話の展開が巧いです。

ストーリー
スパロボα外伝に似てるなー衝撃波て。全体的な雰囲気はトップと被るし。
前半は学園もの、後半はシリアス、という2つをうまく絡ませてあると思います。見た目は萌え系の絵ですが、蓋を開ければ多少重いエピソードもあります。

キャラ
いいと思いますよ。初めはメガネっことか嫌いだったけど、慣れてしまいましたw
まぁいかにもアニメっぽい無理な設定もありましたが、許容範囲でしょう。

不満
町田初佳(あやか)の扱いはちょっと気に入らなかったかも。
周りが優しすぎ。
と光太がなんか嫌いw

オープニング&エンディング
曲は好きですが、アニメの方は本編のダイジェストです。
まぁ私はあれでもいいんですが、あんまり使い回しを多用すると安っぽく見えてしまいます。
1話では、絵柄とオープニングテーマのギャップに驚きました。
あと、話によってエンディングが変わるのも良かったです。

まとめ
やっぱ宇宙ものはいいですな。
宇宙好きならぜひ。絵柄で敬遠するのは勿体ないです。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト




ハジメマシテ!

ステルヴィアですね。私もだいぶ前に見ました。
ですのであまり内容を覚えていませんが、途中、しーぽんと光太のグダグダが続いて、しーぽんに嫌悪感を持った記憶があります。でも、全体的におもしろかったと私も思います。

個人的にはアリサが好きかな
しーぽんを支えてあげられるのは彼女しかいないっ!

まあ実は中の人が好きだっただけなんですがw


続編の製作はかなり前に凍結してしまっているようです。
期待してたんですけどねぇ…。
【2007/05/19 21:39】 URL | 妖精帝國民 #-[ 編集]
どうも、はじめまして。コメントありがとうございます。
私もあのカップルにはイライラさせられましたね~。
私は昌ちゃんが好きでした。どちらかというと強くてかっこいい女性が好きなので。

アリサ役はちゅるやさんと一緒かw
ハレグゥのマリィもなんだ…わからんかった。

続編については、以前にひと騒動あったみたいですね。
いかにも「つづく」的な終わり方だったので、続編もあると思ったんですが。
【2007/05/20 11:02】 URL | Otaku9 #yl2HcnkM[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。