上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年女優や東京ゴッドファーザーズ、妄想代理人で有名な今敏監督最新作。



作品紹介&あらすじ:パプリカ 筒井康隆(原作) 今敏(監督)
主人公の千葉敦子(パプリカ)は、夢を共有する「DCミニ」を使うサイコセラピスト。
ある日、DCミニが何者かに盗まれ、人に悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生。犯人の目的とはなにか。



微妙すぎ。

映像
これは凄い、けどそれだけかな。
悪夢をうまく表現しきれてないというか…
招き猫とか、七福神とかの大行進もあったけど、同じ感じなら千と千尋の神隠しの方がインパクトあったし。

ストーリー
ありきたりすぎてなんとも…テーマも今更だし。
というか原作が古い(93年)からでしょうか…。

キャスト&キャラ
なんでアムロ?合ってないよ。
パプリカのキャラも疑問ですね。
彼女は夢の中のキャラなので、もっと千葉と対照的にデザインを変えた方がよかったのではないでしょうか。思いっきりアニメチックにするとか。

とまぁ散々な出来です。
原作は読んでいないのでわかりませんが、やっぱり省いているところが多いようです。原作は面白いのかも。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。