上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

???なんかよくわかりませんでした…。



作品紹介&あらすじ:僕の地球を守って 日渡早紀(原作)
坂口亜梨子(ありす)は同級生の小椋迅八(じんぱち)と錦織一成から、2人が同じ夢を共有しているという話を聞く。夢の中では彼らは異星人であり、それぞれ玉蘭(ギョクラン)、槐(エンジュ)という名前で、ほかに5人の仲間とともに、月から地球を見守って暮らしているという。
アリスの隣に住む紫苑の記憶を持つ小学生、輪(りん)は、ひょんなことから覚醒、他のメンバーの前では秋海棠として振舞いつつ「S君」と名乗って暗躍する。月のコンピュータを制御する為のキィ・ワードを集め、東京タワーを送信施設に改造して月基地を遠隔操作しようとする彼。その目的とは…。
ほどなくしてアリスも2人の夢に似たものを観、そのなかでアリスは木蓮(モクレン)と呼ばれていた。

前世の記憶を共有する7人の数奇な運命を描いた物語。



う~ん…よくわからない。
感動するとか言われたんですけど全然…。
最後の回想?はちょっと良かった。あの人がかわいそうで…。

設定
普通…。
それより当時はちょっとした騒ぎもあったようです。
頭がファンタジーな人たちですね。

キャラ
少女マンガ系の絵はどうも…すきになれない。
作画は良かったと思います。

とりあえずハッピーエンドなのかな。
原作読まないとわかりそうにありませんな、コレ。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。