上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのマンガです。これもずいぶん前に読んだな~。



作品紹介&あらすじ:最終兵器彼女 高橋しん
北海道の田舎町で暮らすシュウジとちせ。
付き合い始めた二人は、不器用ながらもお互いを想いあっていた。

そんなある日、謎の敵に札幌市が空襲される。攻撃から逃げるシュウジは、腕を巨大な武器に変え、背から鋼鉄の羽根を生やし、兵器と化して敵と戦うちせの姿を見る…。
謎の敵との戦いが激化するにつれ、ちせの兵器としての性能は向上していくが、その精神と身体は徐々に崩壊していく。



懐かしいな~サイカノ。

設定
奇抜も奇抜ですね。
ある日彼女が最終兵器になるんですよ、そりゃもうわけわからんでしょ。
戦争に関して、敵の正体、戦争の理由などは一切明かされません。
恋愛を中心に持ってくるために、その他の描写を丸ごと省いたらしいですが、これは非常にいいと思います。

キャラ
キャラもなかなか魅力的、キャラが、というかキャラの動かし方というか、うまく言えませんがその辺が巧かったなと。
ただ、ちせのキャラはちょっと狙いすぎというか…作り物っぽいです。そこは残念でした。


これは好みが分かれるんじゃないでしょうか。
線がはっきりしてなくて。
正直、うまいのか下手なのかわかりませんw

感動
…はちょっとした。泣きはしなかったけど。

「最終兵器彼女」ってのは、要は「極限状況下の恋愛マンガ」です。
アニメ版とは結末が違うようなので、いずれ観たいと思います。映画版は散々だったようですがw




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。