上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAINAXによるアニメ作品。BS-iで放送されました。マンガ版もあります。



作品紹介&あらすじ:この醜くも美しい世界 GAINAX(原作) 佐伯昭志(監督)
主人公タケルは、西野家に下宿する高校生。
西野家のバイク便を手伝いながら暮らしていた。
ある日タケルは親友のリョウとともに、不思議な光を目撃する。
2つに分かれたその光を追って林に入ると、それは一本の木に集まり、その光のなかから女の子が現れる。
彼女は、タケルの思い描いていた「理想の少女」そのものだった。
タケルは彼女をヒカリと名づける。
直後、巨大な怪物が現れ彼らに襲いかかる。
窮地に立たされたその時、タケルの身体が変化し…。



軽いノリの醜くも美しい世界。
割と面白かった。特にこの長いタイトルが大好きです。

設定&ストーリー
まぁ普通ですかね。よくあるっていう。
最終話でちゃんと綺麗にまとまっていましたのは良かった。

キャラ
ベタもベタ。
どこかで見たようなキャラばかり。特筆すべきことはありません。

オープニング&エンディング
悲愴感漂いまくりのオープニングがいい。
エンディングはあんまり好きじゃないかな。

まとめ
良くも悪くも「普通」のアニメです。
クオリティはなかなかですが、如何せんタッチが軽い。
話自体は割と重い、重要なテーマも含んでますが、主人公とか顔が間抜けな気がする…。
タイトルを聞いたときは「辛い現実の中で頑張る少年少女たちの、悲劇の物語」みたいなイメージを持っていたんですが、その期待は見事に裏切られる結果となりました。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。