上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試写会行ってきました。映像が凄かった。



作品紹介&あらすじ:300 [スリーハンドレッド] フランク・ミラー(原作) ザック・スナイダー(監督・脚本)
スパルタでは、子供が生まれた時に選別が行われる。
戦うことが出来ないと判断された子供は、すぐに谷底に落とされる。
成人の儀式では、猛獣に敢然と立ち向かわなければならない。
そして、生き残った者だけが、戦士の称号を与えられる。
こうして、史上最強のスパルタ戦士たちがつくられるのだ。

迫りくるペルシア帝国、その数1000000人。
これに対して、スパルタ王レオニダスは、スパルタの精鋭、300人を集め、これを阻止するために故郷を後にする。
史上最も熾烈とされる戦い、後に「テルモピレーの戦い」と呼ばれる激戦が、いま始まろうとしていた。



いやぁ迫力が凄かった。やっぱこういう映画は映画館で観るに限りますね。

ストーリー
「スパルタ教育」の語源にもなっている、スパルタの話。
そのなかでt
ちゃんと史実に基づいているようで、「クセルクセス」や「マラトン」など、高校の教科書で見る単語が並んでいます。
つかスパルタ強すぎだろ…。

映像
戦闘シーンは大迫力で、とにかく凄かった。
スパルタ人の勇敢さがよく表現されていたと思う。彼等は、敵が強ければ強いほど燃えそうだし、戦争を楽しんでいるようにも見える。
特に、矢の雨は凄かった。思わず笑ってしまうw

ラスト
歴史ものとしてはいい終わり方かと。

構成などには多少不満が残りましたが、とにかく映像が凄い。
これだけでも見る価値はあると思います。
ただし、R指定が語るように、手足や首が吹っ飛んだりしますので、苦手な方は注意しましょう。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。