上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年以上前の作品です。世界名作劇場。覚えてる人いますように。



作品紹介&あらすじ:ロミオの青い空 リザ・テツナー(原作「黒い兄弟」) 楠葉宏三(監督)
スイスの小さな村で暮らしていた少年ロミオ。
貧しいながらも幸せに過ごしていたロミオだったが、ある日、街に人買いが訪れロミオを買おうと申し出る。
ロミオの父はそれを拒み続けるが、ついに病に倒れてしまう。
父を医者に診せるお金を得るため、ロミオは自分の身を売ることを決める。

後日、ロミオは煙突掃除夫としてミラノへ向い、そこで働くことになる。旅の途中、彼は同じく煙突掃除夫になるためにミラノに向かう少年アルフレドと出会い、親友となる。
ミラノに着き、アルフレドと別れて煙突掃除に精進する毎日だったが、遂にアルフレドと再会を果たす。
同じ時期、街を支配する不良少年たち「狼団」に悩まされていたロミオたちは、それに対抗するために煙突掃除夫の仲間を集めて「黒い兄弟」という同盟を結成する。
「友情」をテーマにした隠れた名作。



ストーリー&設定
特に奇抜な設定などはありませんし、必要もないでしょう。
原作は未読ですが、実際に人買いが行われていた時代はあったようですね。もちろん現実はこのアニメより厳しいんでしょうが、まぁそれを噛み砕いてわかりやすくしてあるといった感じです。

感動
めちゃくちゃ泣けました。最終話は勿論、後半は何度も泣いてしまって…。まさに「涙で画面が見えない状態」に。

夢と友情、子供の幸せ
これがこの作品の大きなテーマだと思います。
時代や社会に支配され、家族との別れや過酷な労働を強いられる子供たち。それでも彼らは夢を捨てない、友を裏切らない。
友情は本当に何事にも代えがたい「本当の宝物」なんですね。
この世界の未来を背負って立つ、子供たちに、私たちは何が出来るでしょうか。このアニメを観て、そんなことを少しでも考えることが出来たら。また、他の人にも考えてもらえたら嬉しいです。

オープニング
いろんな意味で最高。かなり好きです。

気になったところ
煙突掃除ってなんかあんまり厳しくないような…。
村を出る時は、「生きて帰ってこれない」とか言われてたのに。
2つ目はサーカスの話。正直入れる場所が微妙だったので、ビアンカ編の前あたりでよかったのでは(これは急遽挿入されたためらしいです)。ネタばれになるのであまり言えませんが、前述のことも併せて、少々リアルさが欠けているかな、と。
とはいえ、世界名作劇場ですから。老若男女、小さな子供でも楽しめるように作られているのでいいと思います。
ぜひぜひ、すべての人に観て欲しい作品です。というか再放送すべき。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
全話観終わっての感想

あれ?アンジェレッタは?
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


「ロミオの青い空」ロミオの青い空。これは好きでしたね。原作はリザ・テツナーの「黒い兄弟」と言う作品です。自分はそちらは知らないのですが。wwしかし、ロミオとアルフレドの友情。あのアルフレ 空色なおれの日々【2007/06/14 22:23】
日本昔話・世界名作童話BOX [かぐやひめ・したきりすずめ・つるのおんがえし・ももたろう・ピノキオ・ピーターパン・シンデレラ・フランダースの犬・他全12話]・世界名作劇場・世界名作劇場・世界名作劇場・秋の日の想い検索・青い空・ロミオの青い空・始まった。・名作劇場 世界名作劇場の日【2007/10/10 11:50】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。