上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファニーゲームのミヒャエル・ハネケ監督作品。
またまた問題作ですか。



作品紹介&あらすじ:隠された記憶 ミヒャエル・ハネケ
人気キャスターのジョルジュは、妻と子供と幸せに暮らしていた。
ある日、彼のもとに奇妙なビデオテープが届けられる。
それは彼の自宅を、正面から延々と映しただけの不気味な盗撮ビデオだった。
やがて送られてくるビデオは、彼の過去に纏わる内容へと変化していく。



観た後に「う~ん…」と唸ってしまう映画ですね、この人のは。
一言で言うと「変」な映画です。

設定
とかは斬新でいいと思いました。
この映画の紹介文を読んで、面白そうだな~と思いましたし。

真実
ネタばれになるので書きませんが、この作品のテーマのひとつは「罪の意識、罪悪感」でしょう。主人公は終始、自らの過去に悩まされますが、必死にそれを隠そうとする。認めようとしない。
そして、徐々に追い詰められていきます。他人に責められるよりも、自分で自分を追い詰めていくんです。
この辺は一応見どころかな、と。

この作品
はたしてこの映画は傑作なのか、駄作なのか。
ファニーゲームのときと同じことを感じましたが、この監督の映画の作り方は特殊みたいですね。監督も「この映画についてアレコレ議論している人を観たい(うろ覚え)」みたいなことを言っていましたし。真面目に考えるのが馬鹿らしいのかも知れません。
私も、最初は犯人捜しをしながら観ていましたが、途中で気付きました。「あー、これ犯人とかいないんだ」
「いない」というよりは「用意されていない」と言いましょうか。
明確な答えが用意されてないと感じたので、推理をやめました。

なーんか一見得るものがないように感じましたが、この映画はこれでありかと。そもそも、ブログでこんなこと書いてる時点で見事に監督の手の上で踊っていますねw彼の狙い通りです。

個人的にはファニーゲームの方がめちゃくちゃで良かったと思います。
もの好きな人はどうぞ。




※作品の解釈や感想はあくまで私の個人的、主観的なものです。
自分の好きな作品が貶されたりしても怒らないようにお願いします。
逆に自分の好きな作品が褒められたりしたらニヤニヤしてください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


映画は本来映像と音で表現される物だから、文章でその作品を説明するのは難しい物だが、これはその中でも極めつけだろう。ミヒャエル・ハネケ監督の「隠された記憶」は、文章どころか目に見える映像と音すら直接作品の本質 ノラネコの呑んで観るシネマ【2007/07/10 02:31】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 OtakuDays ~おたくな日々~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。